CONTACT お問い合わせご予約CONTACT お問い合わせご予約

INSTRUCTOR BLOG インストラクターブログ

  • ホーム
  • >
  • インストラクターブログ
  • >
  • レッスン前のプチトーク

レッスン前のプチトーク

2022.04.26

こんにちは!毎週火曜日11:30〜12:30 バレトンのレッスンを担当している、白木朋子です!

 

※バレトン……フィットネス・バレエ・ヨガの要素を組み合わせ、アップテンポな曲で動いていく、ボディメイクエクササイズです!

 

ガゼル東京さまにて毎週火曜日のクラスの前後になるK先生♪勉強家でいつもちょこちょこ情報交換させて頂いているのですが

 

私が、春に弱い・毎年イライラしがち・浮腫む感じがする

 

っとポロっとこぼしたら

 

あぁ〜〜

 

『かんがたかぶってるんだねぇ〜』 って言われました

 

(΄◉◞౪◟◉`)はて…

 

感?汗?勘?

 

kAN?

 

『肝臓の肝ね』

 

ほほぅ…

 

東洋医学では、春は『肝』の気が高ぶりやすい季節なのだとか

 

『肝』を補養することが大切と言われています 東洋医学でいう『肝』の働きは、西洋医学でいう肝臓の働きと全く同じというわけではなく、肝臓の本来の働きである血液の貯蔵・分配・解毒などのほかに、目や筋肉、情緒のコントロール機能などまで広範囲にわたっています。『肝』の気は上昇する性質をもっていますが、春の陽気に刺激されて肝気がのぼり過ぎることがあります。それが、目の充血や頭痛・イライラ・不眠症・情緒不安定・血圧が上がるなどの症状になるのです

 

納得……

 

肝臓の活性には体側を伸ばす動きが最適です♪

 

ストンと、納得できてこの後のクラス計画にも繋げられて教えてくださったK先生!感謝感謝です

 

春夏秋冬、月のめぐり、女性は特にその影響を受けやすいと言われていますので、自分にあった労り方を見つけられるとよいですよね♪

 

メモ (皆様にもシェアさせてください)
注意したい事…甘みの強い菓子や甘いジュースなど、糖分の高い食べ物の摂り過ぎ(最近めちゃくちゃグルテンandスイーツ中毒だった事を猛省)
甘みの強い食物は一時的に満足感が得られますが、血糖値の乱高下と低血糖状態を招きやすく、結果としてイライラや慢性的な倦怠感、栄養の偏りを助長しかねません

 

摂るとよい物…酸味がある食物や、春が旬のセロリやせり・あさり・はまぐり・帆立貝など、肝の働きを調節してくれる作用がある食物を摂るとよいでしょう

 

 

  • 月別アーカイブから選択

PAGETOP